NewFolder

デジタルガジェットのレビューとか

自転車に乗りながら音楽を「ambie wireless earcuffs」レビュー

f:id:psptanukij:20180523054410p:plain

tanukijです。

イヤカフの名前の通り耳たぶに挟む、変わったイヤホンをレビューします。

自転車でイヤホンは道交法違反?

自転車でイヤホンは道交法違反という記事をよく見かけますが正確には違うようです。

実際には各自治体によって取締の基準が違うようです。

私の住んでいる山梨県の例では

 第十条 法第七十一条第六号の規定により、車両等の運転者が守らなければならない事項は、次の各号に掲げるとおりとする。

 六 高音でカーラジオ、ステレオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してそれらを聞くなど、安全運転に必要な外部の音声が聞こえない状態で車両を運転しないこと。

となっていますので、イヤホンを装着して自転車に乗るのは違反になるようです。

外部の音が聞こえれば良い

適当に調べた感じだと、イヤホンの装着自体が違反なのではなく、外部の音が聞こえない状態で自転車に乗ることが違反となるようです。

ということは、外部の音が聞こえるイヤホンを買えばよいというわけですね。

というわけで「ambie wireless earcuffs」を購入

ケーブルの煩わしさのない無線、パット見て耳が塞がれていないとわかる、それでいて安いという条件で調べた結果「ambie wireless earcuffs」を購入することに。

開封する

f:id:psptanukij:20180520234036j:plain

シャレオツなパッケージ。

f:id:psptanukij:20180520234044j:plain

開けると本体が目に飛び込んできます。

付属品

f:id:psptanukij:20180520234053j:plain

中身はこんな感じ。

本体と説明書、充電用のMicroUSBケーブルというシンプルな内容です。

変わった形のイヤーピース

f:id:psptanukij:20180522155846j:plain

「ambie earcuffs」の最大の特徴であるイヤーピース。

通常のイヤホンと違い、耳たぶに挟むようにして固定します。

初代では先端のパーツが取れやすかったらしいですが、こいつはびくともしませんでした。

取り回しとか

f:id:psptanukij:20180522161055j:plain

ネックバンドは柔らかいシリコン製。

程よいホールド感で締めつけ感とかはありません。

f:id:psptanukij:20180520234107j:plain

ただ、左側についてるこのタグがちょっと煩わしい。

チラチラと視界に入ってくるので切り飛ばしてしまいました。

使用感とか

実際に1週間ぐらい利用してみたので使用感とかを書いていく。

装着が慣れない

耳たぶに挟むっていう独特な固定方法だから最初のうちは装着に手間取ります。

慣れればどうということはないんですけど。

音質は…

 まあ形状からも分かる通りそこまで音質はよろしくない。

そもそも音質を求める人はこんなのかわないから良いだろうけど。

もう少し低音がほしいとは思ったりする。

音量調節が難しい

しっかりと音の出る穴を耳の穴に向けていればそれなりに聞こえます。

ただ、通常のイヤホンみたいにガッツリ耳の中に入れるわけではないので音楽が聞きづらい。

かと言って音量を上げると音漏れがひどくなりますしね…

そのせいで大通りとか交通量の多い場所では聞こえなくなっちゃいますね。

風切り音

これは自転車で使うからの問題だけど、そこそこ速度を出していると結構な風切り音が出る。

まとめ

買って大正解だよね。

イマイチな点ばかりあげてたけどやっぱり音楽を聞きながら自転車に乗れるのは楽しい。

単調な道でも飽きずに走られるしね。

はっきりと外音が聞こえるので安心です。